食事を工夫してみよう

2013/1/22 (火曜日) | Filed under: 食事を工夫してみよう

お腹がすいたときに食べる、というのが本来の正しい食べ方です。もし空腹ではないときに食べた場合には、それは無駄な肉になってしまうという可能性が高くなりますので気をつけましょう。夜にがっつり食べてしまった場合には、朝や昼には空腹にならないという場合が多くなると思いますので、量を控えるようにしましょう。代謝を挙げることができる食べ物としては、肉、魚、卵がありますので、こういったたんぱく質を積極的に摂取しましょう。代謝を挙げて脂肪を燃焼させる効果もありますし、たんぱく質というものは筋肉、骨、血液、皮膚、髪といったものの部位のもとになることもできます。綺麗に痩せるためには必須の栄養素になるのです。
また、体が冷えている状態では脂肪を燃焼させることはできなくなります。なので、暖かい汁ものなどで内臓を温めて、消化を促すようにしましょう。食べ過ぎて太りそう、というような心配はいりません。逆に、いつもの食事でも痩せるためのメニューへと変えていくことができます。また、パンやパスタといったものよりも、米を食べたほうが実は効果的です。
日本人の体には、米というものは消化がよく、吸収をしやすい優れた食品となっているのです。それに対して、小麦には体を冷やす作用がありますので、パン、パスタは避けたほうが無難なのです。生もの、発酵食品は、食べたものをしっかりと燃やすことができる食物酵素が含まれて居ます。なので、これも一回の食事に一品は取り入れることが理想的になります。それによって、食べたものの消化、代謝を促していきましょう。最後に、豆類にはたんぱく質、食物繊維、ミネラルなど、痩せるためには必須である成分が豊富に含まれて居ますので、こういったものも効果的に摂取をしていくようにしましょう。その中でも大豆は、一日に一回食べるということがおすすめです。健康をキープしながら、ダイエットをしていくことができます。

back to top

Sorry, the comment form is closed at this time.

back to top