Vラインを永久脱毛しよう

2013/3/5 (火曜日) | Filed under: Vラインを永久脱毛しよう

Vラインの永久脱毛や、陰毛の永久脱毛というのは、Vライン、つまりビキニラインの処理をしなくてはならない女性にとって、興味のあるところなのではないでしょうか。
普段から抜いても、剃ったとしても、自分で処理をしている限りはまた毛というのは生えてきてしまうものですよね。そこで、永久脱毛をすることによって得られるメリットとしては、やはりその手間を省くことができるということでしょうね。
しかし、そもそも永久脱毛というのがどういった仕組みになっているのか、という疑問もあると思います。

永久脱毛といわれているのは、毛根や毛乳頭といったものを、特定の方法によって除去することによって、それ以降は毛が生えてこないようにすることができる、という方法になります。Vラインや陰毛の脱毛を自分でしようと思っている場合でも、この毛根や毛乳頭が残っている場合には、また再生してきてしまうことになるのです。
この毛乳頭というのは、毛穴の最も下の部分にあるものであり、血管から運ばれてきた栄養素を受け取り、それによって毛を作り出すという働きをしているのです。
永久脱毛という方法では、この毛をつくりだす機能そのものを破壊することが目的になります。Vラインの陰毛については、自分で処理をしていたとしてもこの毛乳頭までは破壊をすることができません。そこで、光脱毛、レーザー脱毛といった方法を使うことによって、毛乳頭までを破壊することができるようになるのですね。

レーザー脱毛や光脱毛という方法では、毛根や毛乳頭というような毛穴の深い部分にあるものを、熱の力によって破壊することができるのです。こうすれば毛乳頭は壊死するようになり、毛を再生するための力そのものがなくなるのですね。そうすれば、二度と毛は生えてこなくなり、これが永久脱毛となるのです。
光脱毛やレーザー脱毛にも、またそれぞれに特徴がありますので、興味がある方は調べてみてください。

そしてVラインや陰毛の永久脱毛については、毛という構造についてさらに知っておくべきことがあるでしょう。
毛には、毛周期、ヘアーサイクルといわれているものがあります。それは、大きく分けて三つのものがあり、成長期、退行期、休止期という三つに分かれているのです。
そして、現在自分の体の表面に生えている毛は、成長期と退行期の毛になります。休止期に入っている毛については、毛根が活動を休止しているために、毛がないのです。

レーザー脱毛や光脱毛といった方法では、効果を発揮することができるのは、成長期と退行期にある毛だけなので、休止期の毛に対しては効果がないのです。なので、一度の施術だけでは永久脱毛を完了させることはできないのですね。
二ヶ月ほど期間を使って、一年ほど通うようにして、レーザー脱毛や光脱毛を行っていくことによって、毛周期の違いのある毛根を、すべて永久脱毛することができるようになるのです。

back to top

Sorry, the comment form is closed at this time.

back to top